不動産のローンを組む

不動産を購入する資金

トップ / 不動産を購入する資金

不動産を購入するためのローン

不動産を購入するために住宅ローンを利用するためには、気をつけたいポイントがあります。住宅ローンを利用するには、建物としての住宅が完成している必要がある、ということです。建築済みの住宅が存在しているからこそ、住宅ローンの担保にできるからです。ですから不動産が土地だけという場合や、これから住宅を新築する場合には、住宅ローンと契約の準備をしていても、金銭は受け取れない状態なのです。住宅が完成するまでの間に、工事着工費用など、かなり高額な金額を準備しなければなりませんので、住宅ローンを利用する前の状態では、つなぎローンを利用します。

つなぎローンと住宅ローン

これから一戸建て不動産を新築する場合には、工事着工金を前払いするために現金が必要になります。住宅ローンを利用して、なんとか住宅建築費用を確保しようとしている場合には、注意が必要です。住宅ローンは、住宅が完成してから、現金を入手できるからです。そのため、住宅完成前は、つなぎローンを利用します。不動産は、住宅が建築されている状態と、建築前の状態とで、契約できるローンの種類が違うのです。購入から、住宅の設計、そして建築にいたるまで、その過程ごとに、適切なローンと契約することが大切です。もちろんローンは、それぞれ異なる名目での契約になりますが、すべてが連動できるように、同じ金融機関と契約するのが理想的です。

不動産のローンの情報