不動産ローンの金利

不動産購入ローンを組む

トップ / 不動産購入ローンを組む

ローンを活用した不動産投資

長らく続く低金利の環境下において、不動産投資に注目が集まっています。この投資は、投資信託(REIT)を活用した小口投資や証券化商品などへの間接的な投資とアパートやマンションなど物件を直接取得して家賃収入や物件の転売益で収益を上げる直接的な投資の大きく二つの形態に分けられます。物件を直接取得する場合、金融機関等からローンを借り入れて購入資金を手当てするケースがありますが、その場合には物件の現在価値がローン残高に比べ、どの程度の割合であるか把握しておく必要があります。不動産の現在価値が正確に把握できれば、転売のタイミングを適切に判断することができます。

住宅ローン残高の返済

家や土地などの不動産を購入する際、ほとんどの人が住宅ローンを利用します。住宅ローンを利用するには金融機関の審査がありますが、審査時には安定した収入があっても予期せぬ収入減がいつやってくるかわかりません。すでに住宅ローンを借りている方は、なるべく繰上返済をするなど定期的に見直しすることが大切です。やはり定年までに住宅ローン残高をゼロにするのがベストですが、それが無理でも繰り上げ返済によって毎月のローン返済額を減らすことが重要です。不動産を購入し、ローンを利用する際は、老後も含めたライフプランをたてることが安定した生活につながります。

不動産のローンの情報