楽しいリフォーム

家を守るためのリフォーム

トップ / 家を守るためのリフォーム

建物を保護するためのリフォーム

外壁塗装は雨風をダイレクトに受けたり、直射日光を浴びたりと日々の自然環境にさらされて自然と劣化してしまいます。塗装が劣化すると雨水が建物に侵入し建物が傷み構造機能を低下するだけでなく建物本来の耐用年数を縮めてしまう原因にもなってしまいます。そこでリフォームです。定期的な外壁塗装によって建物本来の耐用年数を維持することができるだけでなく、リフォームによって新築時のような美しさになり建物全体のイメージをアップしてくれます。

狭小住宅でのリフォームについて

家を建て替えたいと考えた時に、問題になるのが、建蔽率です。古い物件こそ建て替えを考えるのですが、建て直す時に、建蔽率を考えると、建物が小さくなってしまいますので、リフォームを視野に入れるといいです。特に個々の土地が狭小になりがちな場合は、建て替えが不可能な場合もあります。道幅が狭くて必要な重機が入れないということもあります。リフォームであっても新築とほとんど変わらないような内容になりますので、狭小地では特に好まれる方法です。内装や外壁だけでも直すことができますので、好まれるのでしょう。

不動産のローンの情報