相続税対策の改正

不動産は賃貸で相続税対策

トップ / 不動産は賃貸で相続税対策

相続税対策に有効な不動産

相続税が改正され、平成27年より、基礎控除額の5千万円と、相続人一人当たりの控除額1千万円が、それぞれ6割の3千万円と600万円になりました。これにより、これまで相続税の課税がなかった人の多くが対象になり、相続税対策が注目されています。生前贈与で財産を移転しておくことと、相続財産の評価額を下げることが有効です。財産の評価額は、不動産の場合建物は固定資産税評価額、土地は路線価で計算しますが、マンションの場合は土地は所有者全員が持ち分で共有します。一等地のタワーマンションの高層階は、相続税対策になります。

不動産のローンの情報